なるべく安く、気持ちよく引っ越したい

引っ越しという一大イベントですから、人の手を借りて節約してみませんか? 状況によってどのように対処していくべきか変わってきますから、ここではいくつかの例を取り上げることで人の手を借りたり自分で引っ越しをする場合の手順やメリットとデメリットを簡単にお教えします。

みんなで引っ越そう

一人暮らしであったり、一軒家を立ててそこに新しく家族と住んだりすることは人生で必ず起こることです。
もちろん、それは人生の中で高い買い物になりますし、慎重になるものです。

場所も決まり家も決まり後は引っ越すだけ。
そうなった時に気が抜けてしまうと、この後は引っ越しだけというところで痛い目をみるかもしれません。

一般的に引っ越し業者に頼む方が多いと思いますが、県内だけでもかなりのお金になります。

仮に最も引っ越す人の多い三月や四月に引っ越した場合、単身やご家族の方も含め平均して十三万前後になります。
引っ越す為にお金を用意していたとしても、なかなか出すのに渋ってしまうような金額ですよね。

しかしこれ、引っ越しを冬にずらすだけで平均が九万円を下回るのです。

特に何もしていないのにこれだけ下がるというのは驚きですよね。
このように、繁盛期をずらすだけでも節約していくことができます。

つまり、引っ越し代は切り詰めることのできるお金なのです。
どうしても春じゃなきゃ駄目というわけでないのに、わざわざ春に引っ越しをしてお金をたくさん使う必要もありません。

ここから三通りの手法を使って、引っ越し代を更に安く済ませる方法をご紹介していきます。
ご自分の引っ越しの状況に合わせて、一番現実的で自分に合った方法を選びましょう。

もし、どれも合わないなと感じたり、引っ越すまでの間に何かトラブルや仕事などがあった場合には無理に決行しようとしないでください。
もし何かあったときに引っ越すこと自体に支障が出てしまえば更に余計なお金がかかってしまいかねません。

無理のない範囲でうまく立ち回り、気持ちの良い新生活を迎えましょう!

見積もりを出して交渉しよう

引っ越しのみならず、車検や様々なもので見積もりを出すことができますよね。 ネットで簡単に出来る見積もりは、引っ越しにかかるお金の指標になるばかりかそれ自体の節約に使うことも出来ます。 見積もりを使った交渉術、そして見積もりをどう見るべきかについてお話しします。

荷物の量でお金を調節

引っ越しのお金で変動するのは距離と荷物の量です。 移動距離がすでに決まっているとなると、もうそこで安くすることはできません。 ですので、自分で調節の効く荷物の量を変えてみましょう。 特にこの方法は家族での引っ越しで効果が出やすく、とても簡単です。